So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

JASON MARKK(ジェイソンマーク) [JASON MARKK]

A2016062600000-000000-000000-00001.jpg


ジェイソンマーク:JASON MARKK

2007年にロサンゼルスにて設立されたシューアクセサリーブランド"JASON MARKK(ジェイソンマーク)"。
高品質のシュークリーナーやクリーニングブラシを独自に開発し、スニーカーコレクターを中心に高い信頼を得るブランドとして急成長を遂げ、現在では世界30カ国、2,000店舗以上のスニーカーショップ、セレクトショップなどで商品が取り扱われています。

また、品質の高さだけでなく、商品の優れたデザイン性にも定評があり、名だたるスニーカーブランド、アパレルブランド、ショップなどとタッグを組んで、様々なコラボレーションアイテムを発表。
シューアクセサリーの枠を超えた、ファッション性の高いブランドとしても注目を集めています。


JASON MARKK(ジェイソンマーク)の商品はこちらでご覧いただけます。
↓ ↓ ↓ ↓
DIGITAL MOUNTAIN

Lesca LUNETIER(レスカ ルネティエ) [Lesca LUNETIER]

DSC_1745.jpg
0004.jpg
0003.jpg
002.jpg
People-Michael20Jackson-Spike20Lee-36667.jpg
レスカ ルネティエ:Lesca LUNETIER

20世紀初頭から、眼鏡の産地として名高いフランスのジュラ地方でメガネに携わってきたレスカ一族。
1964年にオリジナルブランドの”レスカ ルネティエ”を立ち上げました。
彼らのブランドは、過去から収集してきたデットストックのリアルヴィンテージの膨大なコレクション。
そしてジュラ地方に根付いた一族と様々な職人との信頼関係による結びつきと、代々受け継いで来た金型や機械などの昔ながらの設備から生みだす伝統的なフレーム。
その二つの方向性で構成されたブランド、それがLesca LUNETIER(レスカ ルネティエ)です。



Lesca LUNETIER(レスカ ルネティエ)の商品はこちらでご覧いただけます。
↓ ↓ ↓ ↓
DIGITAL MOUNTAIN

"WONDER MOUNTAIN ATHLETIC CLUB(ワンダーマウンテン アスレチック クラブ)" [WONDER MOUNTAIN ATHLETI]

DSC_1754-2a8f6.jpg
DSC_1696-67697.jpg
ワンダーマウンテン アスレチック クラブ:WONDER MOUNTAIN ATHLETIC CLUB


日常でアクティブに動く人に向け立ち上げられた新レーベル"WONDER MOUNTAIN ATHLETIC CLUB(ワンダーマウンテン アスレチック クラブ)"。
トレーニングジムやウォーキング、ヨガや趣味のアウトドアなど、日常の中にある幅広い"動く"にフィットしたアイテムを提案。

"WONDER MOUNTAIN ATHLETIC CLUB(ワンダーマウンテン アスレチック クラブ)"のフィルターを通したデザイン性と、ハイテク素材などを使用し快適な着心地に仕上がった、ウォームアップやリラックスウェアとしてもおすすめのアイテムたちです。



"WONDER MOUNTAIN ATHLETIC CLUB(ワンダーマウンテン アスレチック クラブ)"の商品はこちらでご覧いただけます。
↓ ↓ ↓ ↓
DIGITAL MOUNTAIN

Bagjack(バッグジャック) [Bagjack]

bagjacklogo.jpg

バッグジャック:Bagjack


Bagjack(バッグジャック)はPeter Brunberg氏により1993年に立ち上げられたベルリン発のバッグブランドです。
プロ向けメッセンジャーカスタムバックとしてはもちろん、柔軟なデザイン性を持つファッションバックとしても高い評価を得ており、人間の体の動きを研究しつくした商品開発は、ACRONYM(アクロニウム)のバッグの生産や、ドイツ軍隊など多岐にわたっています。

デザイナー自身がドイツ初のメッセンジャーサービスを立ち上げた経験を活かし、既存のバッグの問題点を改良した彼のオリジナルのメッセンジャーバッグは、高いクオリティでプロメッセンジャー達の間で話題になっていきました。また、現在もプロメッセンジャーが「仕事の道具」として使用できるスタンダードを決して譲らず、少人数の縫い子が高いクオリティの生産作業をこなす、正に「handmade in berlin」のバッグです。

ユニバーサルスタジオからバックや小物の開発依頼や、ドイツ政府の依頼でEU政府会議の各国代表者に手渡されるバッグの生産等、今や1バッグブランドに留まらない活躍を続けています。



Bagjackの商品はこちらでご覧いただけます。
↓ ↓ ↓ ↓
DIGITAL MOUNTAIN

DOLDY(ドルディ) [DOLDY]

doldy001.jpg

DSC_0608.jpg

ドルディ:DOLDY


チェコ国内で生産を続け、そのクオリティや信頼性、ユーザーからの声を活かした使用感などから進化、発展を続けているバッグブランド"DOLDY(ドルディ)"。

Marmotの傘下としてチェコにてバックパックの製造がスタートし、その後まもなく1988年にDOLDYとしてとしてチェコ国内にバックパックの販売を開始。
以来、機能性やデザイン性を高めつつ、使い易さやコストパフォーマスも考慮した物づくりを続けています。


DOLDYの商品はこちらでご覧いただけます。
↓ ↓ ↓ ↓
DIGITAL MOUNTAIN
トラックバック(0) 

BRIEFING (ブリーフィング) [BRIFING]

DSC_1663.jpg
DSC_1710.jpg
DSC_1847.jpg
ブリーフィング:BRIEFING

BRIEFINGは、1998年にミル・スペックに準拠した真の"ミリタリズム"を追求し、卓越した機能美を持つラゲッジレーベルとして開発されました。
BRIEFINGのデザインソースは"ミリタリー"のままであってはならない。
アメリカが本気で生み出す、強靭なパーツや最高峰の技術。
この本質を理解し、その充分すぎるほどの機能を、どうタウンユースモデルに搭載し、どのようなスタイリングに仕上げるか、そして必要最小限のミニマムな機能として再構築することができるのか…
BRIEFINGのデザインワークは常にそこからはじまるのです。

BRIEFINGのモデル ラインナップは、洗練された様々なシーンを想定し、どのようなスタイルにもフィットできるように開発されています。
BUSINESS・TRAVEL・SPORT.....CAR・TRAIN・JET.....
これらのシーンにおける究極の選択は、常に『耐久性のある機能美』が存在していなければならない。
発売以来、BRIEFINGは世界中で最も厳しい目を持つお客様に選ばれる最高品質のラゲッジ・ブランドへと成長を遂げてきました。


BRIEFINGのメイン素材である【バリスティックナイロン(#1050デニール・ダブルバスケット・ウィーブ)】は、極めて耐摩耗性が強く携帯武器やガンケースに使われることの多い、ミリタリーファクトリーが使用している中でも最もヘヴィーな素材です。
また裏地や芯材はパッククロス(#420デニール)を採用。 細部に使われている素材・パーツは、MIL-SPEC(陸軍規格)に基づくウエビングと金属パーツをショルダーとハンドルに取り入れ、世界最良のYKKファスナーを使用しております。
独自の縫製技術はSecure tack(商標)、縫い目のほころびをさけるために開発したもの(業界で最高級の複合綴じのパターン)を使用。
またブリーフィングの象徴ともいえる「ナイロンテープ」のレッドレーベル。
これはスライドクリップを装着する際の視認性と補強の役割を果たします。
このパーツをブリーフィングは全てのバッグに採用しております。

(オフィシャルホームページから抜粋。)

BRIEFINGの商品はこちらでご覧いただけます。
↓ ↓ ↓ ↓
DIGITAL MOUNTAIN
トラックバック(0) 

Mike Bird Romero(マイク バード ロメロ) [Mike Bird Romero]

1_000000005122.jpg
5_000000005122.jpg
6_000000005122.jpg
マイク バード ロメロ:Mike Bird Romero


サンワンタオ族改め、オーケーオインゲ族出身のレジェンドアーティスト"Mike Bird Romero(マイク バード ロメロ)"。
マイクバードロメロ氏の作り上げるインディアンジュエリーはコインシルバーやアンティークビーズなどを用いて伝統的な技法を用いて手仕事で作られる希少価値も高い作品。

ナバホ族のアンティークスタンプワークを用いたシルバーアイテムに見られる様なスタンプワークを用いて、オーセンティックで美しい造形をつくり上げています。

近年爆発的人気となったコチティプエプロ族のトップアーティスト"Cippy Crazy Horse(シッピー クレイジーホース)氏も一部同様の技術を用いて製作を行っており、並べて名前の挙げられるレジェンド的なアーティストです。


Mike Bird Romeroの商品はこちらでご覧いただけます。
↓ ↓ ↓ ↓
DIGITAL MOUNTAIN
トラックバック(0) 

and wander (アンド ワンダー) [and wander]

footer_id.png


dm_001.jpg


アンドワンダー:and wander


雨にふられるのも
風にふかれるのも
歩くのも
山は楽しい


2011春夏からデザイナーの池内 啓太 氏と森 美穂子 氏の2人によってブランドをスタートさせた"and wander(アンドワンダー)"。

自然に触れることに魅せられて 山を楽しみ、パリコレクションブランドで培った企画力と山で感じた肌の感覚をもって、アウトドアウェアとギアを提案しています。


アウトドアでの豊富な経験と知識を活かし、実際に山でテストが繰り返えされた機能性抜群のアイテムを製作、山での使用はもちろん、日常使いもできるように幅広いシーンで使っていただけるアイテムを展開しています。




and wanderの商品はこちらでご覧いただけます。
↓ ↓ ↓ ↓
DIGITAL MOUNTAIN
トラックバック(0) 

C.E(シーイー) [C.E]

C.E.jpg

シーイー:C.E

グラフィックデザイナー・イラストレーター・DJとして活躍するスケートシング(Sk8thing)らが手がけるC.E CAV EMPT(シーイー キャブ・エンプト)。

ブランド名の由来はフィリップ・K・ディック著書「ユービック」の登場人物のタトゥーから。
フィリップ・K・ディックの作品性、ポストモダン、イタリアのサスペンスやデザイナーであるSKATE THING氏が今までに受けてきた衝動、様々なものをイメージソースにしたグラフィックを特徴としたウェア・ブランドです。


SKATE THING(スケートシング)
本名:中村 晋一郎(なかむら しんいちろう)は日本のグラフィックデザイナーである。
東京都大田区大森出身。
愛称はスケシン。
左利き。
裏原宿系ブランド「GOOD ENOUGH」「A BATHING APE」「BILLIONAIRE BOYS CLUB」などのグラフィックデザインを担当している。
2011年から自身のブランド「C.E」をスタートする。


C.Eの商品はこちらでご覧いただけます。
↓ ↓ ↓ ↓
DIGITAL MOUNTAIN
トラックバック(0) 

soglia(ソリア) [soglia]

soglia.jpg


ソリア:soglia


ヨーロッパの厳選された糸を使用し、国内生産にこだわってつくられたドメスティックブランド。

素材感の良さや、フィット感、完成度の高さを感じさせる物づくりをしています。



sogliaの商品はこちらでご覧いただけます。
↓ ↓ ↓ ↓
DIGITAL MOUNTAIN
トラックバック(0) 
前の10件 | -
Wonder Mountain “irie”でお取り扱いのあるブランドのヒストリーや、名品の詳細をご紹介します。

Wonder Guide